10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

今更ながら二年生秋学期振り返り 

久しぶりにブログを見返してみると、意外と興味深いので、やっぱりもう少し記録に残してみようと思うこの頃。


日記とか書いたこと無かったけど、なかなか面白いですね。


さて、すでに終わってしまった秋学期ですが、履修した授業は以下:

-AMR
-Sales and Channels Management
-Special Topic in Accounting
-Special Topic in Real Estate, Economics, Capital Markets and Securtization

AMRについては別記事ご参照。

Sales and Channels ~はマーケティングの4Ps (Product, Price, Place(Distribution), Promotion)のうち、Placeに特化した授業。主にケースを通じて、どういうプロダクトにはどういうチャネルが適しているかなどを分析する。

学びが大きかったのはこの授業。AMRに使うこともできたし。この教授(A. Terech)は人気あるらしいんだけど、僕はあんまり好きになれず。なんとなく自分の中の”正解”に固執してしまう感じと、結論に至るまでの前提に納得できないことが多かったため。


AccountingはSussmanという一部の間では名物教授と化している先生の授業。Accountingの中でも最難レベルらしい。取ってから知りました。


授業はオリジナルのケースを用いての分析がほとんど。先生のしゃべりが面白く、これだけ会計を楽しく教えられるのは人気になるのも分かる気がする。すっかり気に入って、実は今期(冬学期)もSussmanの授業を履修しています。


この授業のおかげで、結構財務分析の足腰が鍛えられてきた気がします。実務復帰したときに役立ちそうな知識が満載。


Capital Marketsは証券化商品の分析が中心で、不動産証券化にやや重点が置かれている感じ。S.Gabriel先生はSF連銀での勤務経験も長い学者肌の強い人。授業も良くも悪くも学者の授業という感じだった。

前知識もあったので、学びの点では?な部分もあったが、例えばリーマンショックやユーロ危機などに関するアカデミックペーパーをまとめて読むいい機会になった。


それにしても、ほんの二ヶ月ほど前のことなのに、遠い遠い昔のよう。これ書くために、どんな授業をとったか履修システムを確認してしまった…


残り少ないMBA生活、一生残るようなものに力を入れるようにしよう。

category: MBA

Posted on 2014/03/04 Tue. 15:43  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ヌケガラ 

先週末2月28日に約半年に及ぶAMR(Applied Management Research)の最終レポート提出が終わった。


そして今週末には最終プレゼンがあり、AMR終了となる。


我がチームはプレゼンをチーム5人のうち2人に任せることにしたため、個人的にはAMRが終わった感がある。


AMRはAndersonの売りの一つで、授業で学んだ理論を実際に使って、企業相手にコンサルティングを行うというもの。


二学期にまたがって行われ、卒業単位96のうち10を占める重要な科目だ。修士論文の代わりにあたる。


AMRはチームメンバー選びとclient選びが肝になると思う。(他にアドバイザー選びもあるが、これは原則学校から割り当てられるので運だのみ。まあ、自分からお願いするという手もあるみたいだが…)


結論から言うと、僕はチームメンバーには恵まれて、clientはやや微妙だった。

チームメンバーはアメリカ人三人(内女性2人)、タイ人男1人と僕という構成。全員同じセクションで、一年生のときから知っている存在。


僕を含め4人がファイナンスバックグラウンドなので、ややバックグラウンドに偏りがあるが、人種・性別面ではバランスが取れている。何よりアメリカ人にしては、和を重んじる雰囲気に助けられた。チームには感謝したい。


我がチームのclientは、竹を素材に使った家具とリゾートハウスをデザイン・製作している会社で、インドネシアのバリに拠点を置いている。

近年、竹はその成長サイクルの早さからsustainabilityが高い素材として注目されており、”green/sustainable”が売りの会社だ。

今はリゾートハウスの売り上げが大きいが、受注有無が不安定なので安定したキャッシュ源として家具に力を入れたいが、どこでどのようなものをどうして売ったら良いか、というマーケティングプランの作成がプロジェクトの主な目的だった。


が、あまりに会社として小さくて、このプロジェクトの目的に辿り着くまでにも紆余曲折があったし、正直何がしたいのか最後まで良く分からなかった。


プロジェクト中には実際にバリ島を訪問する機会に恵まれたが、ジャングルの中に壁も無いような”リゾート”に泊まらされ大変な思いをした。

チームメイトはなんとベッドでムカデに刺されたりしていた…


どうも財を成した創業者が、老後の趣味として、”green”なことをやろうとしているというのが本質なようで、好きになれなかった。


が、授業で学んだことを実際に使うという意味では、マーケティングやらストラテジーやらバリュエーションやらのクラスで学んだことをダイレクトに使ってみたので貴重な経験だった。


とにかくどっと疲れが出てしまってファイナルを控えて燃え尽き感ありありで脱け殻のようになっているのでした。


今の楽しみは恥ずかしながら”失恋ショコラティエ”…来週はどうなるんだぁ~‼︎⁉︎

category: MBA

Posted on 2014/03/04 Tue. 15:18  edit  |  tb: 0   cm: 0  

餃子の皮 

ときどき手作り餃子を作ります。


子供達は大喜びだし、野菜もたくさん摂れるナイスな料理。


お店のも好きですが、手作りには手作りの良さがありますね。


たくさん作りたかったのですが、皮が足りなくなってしまいました。


日本食スーパーに行く用事が無かったのですが、Ralph'sというスーパーに来てみるとなんとありました‼︎



さすがLAのスーパーです。餃子用のみならず、ワンタン用や春巻き用まで売ってました。

因みにこのスーパーでは、豆腐、しょうゆ、インスタントラーメン、わさびなど日本食材も色々あります。


どのスーパーでもアジア系食材を扱っていますが、Westwoodは広さの割りに充実している気がします。


今年の夏から留学で来る方、安心してLAにお越し下さい




綺麗な写真が無くてすいません…

category: LA Life

Posted on 2014/03/04 Tue. 08:34  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雨のLA 

ここ数日LAは雨。

雨を想定していないので、あちこちで洪水が起きていたようだ。

ロンドンでも1cmの雪や大雨で地下鉄が止まっていたことを思い出す。日本はほんとに災害に強い…っていうか強過ぎ。

この冬は非常に雨が少なく気温も高かったので、身体が雨と湿気に対応していないことに気付かされる。

頭がぎゅーんと押し付けられるような感じがして身体がだるい。車を運転してもぼーっとしてしまい、目眩のようなものを感じる。

贅沢だとは分かっていても、身体は環境に適応するということなのだろう。

早くいつものLAに戻ってくれないかな…

category: LA Life

Posted on 2014/03/03 Mon. 06:30  edit  |  tb: 0   cm: 0  

卒業間近 

およそ10ヶ月ぶりの投稿。

やはりMBAの二年は早い。
残りあと3ヶ月半。年が明けてから、”もう、終わりだな”という思いがどんどん強くなる。

今週末に、AMRという卒業プロジェクトの最終レポートを提出したことも、終末感に拍車を掛けている。
そして、珍しくLAはここ数日雨…スコールのようなドシャ降りで気分は沈むばかり…

こうなってくると早く次の行き先を知りたくなるのだが、あと1ヶ月は待たねばならない。それまでは宙ぶらりんな感じが続くのだろう。

それにしても二年前の今頃はまだUCLAからのインタビューインビテーションを祈るような気持ちで待っていた頃。ほんとに合格できてよかった。ほんとにUCLA Andersonでよかった。

category: MBA

Posted on 2014/03/02 Sun. 18:35  edit  |  tb: 0   cm: 0