08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Japan Trip 2013 振り返り-その1 

日本から帰ってきて早いものでもう一週間以上が過ぎたが、まだ時差ぼけが解消されていない。学生生活且つ新学期のため生活のリズムが整わないことと、子供二人がそれぞれ別の時間に寝起きするので、調子が狂ってしまうためだと思われる。

Facebookには未だ参加者からの写真がupされてきたりして、「あぁ、意外と楽しんでくれたのかな?」なんて振り返ったりしているものの、記憶はどんどん風化してしまうので、来年のオーガナイザーへの引継の意味もこめて、ちょっとJapan Tripを2回に分けて振り返ってみたい。

・ 現実のmanagementは難しい
とにかく大変だった。次から次へ色んなことが起き、スケジュール通りに進まず、参加者が思い通りに動かず、その場その場で瞬間的に決断をしながら動いていく必要があるため、息つく暇もなかった。

が、楽しかった。これだけの集団、120人以上の外国人をmanageするなんて人生に一度きりの機会だったかもしれない。飲んで騒いで楽しむ、というほとんど側面は無かったけれど、manageすることそのものが楽しみだった。

正直、これだけ思い通りにならなかったことも珍しい。自分の想像を超えてしまっていて、うまくmanageできなかった。今は少し考えが変わってきたけれど、道中では「なぜこのtripは”失敗”に終わったのか?」ということばかり考えていた。

今でも残念ながら手放しで“成功”とは言いがたいと思っている。いろんな改善すべき点があったためだ。これは来年のTripへの教訓として活かして貰えれば幸いである(が、tripを実体験してない人にいくら言葉で伝えても、限界があるなというのも教訓の一つ。。。)


・ スケジュールには余裕を持つ
非常に当たり前のことだが、スケジュールには十二分に余裕をもつことが肝要。

まず、二年生からの引継で言われたこと。「意外と集合時間はきっちり守る。朝7時集合とかあっても、きっちりロビーに人が揃っていた」

これを頭から信じていた訳ではないが、初日からその期待はことごとく裏切られた

集合時間(概ね出発時間の30分前に設定)に来るのはだいたい1/3程度。残り1/3は、just in timeで出発時間ちょうどか5分遅れくらいで来て、最後の1/3は出発時間から15分遅れくらいで来る。結局、徐々に「いつもちょっと遅れる」という共通認識ができてしまって、最初に来た人が馬鹿を見る構造になり、早めにきた人もコンビニに行ってしまったりしていた。


こうしたことが各集合やバスのSAでの休憩などで起こるため、一日を通じてみるとおよそ1時間〜1時間半くらいの遅れが出てしまい、観光スポットでの滞在時間が短くなってしまったり、夕飯前にあったはずのホテルでの休憩時間が無くなったりして、疲れを蓄積させる結果となってしまった。バスでの移動は思いの外疲れる。。。


120人という集団で動くのは、たとえone blockの徒歩移動であってもかなり大変だ。そもそも集団の長さが100mを超えてしまう。集団行動に慣れていない彼らは、勝手に途中でコンビニに入って列からはぐれたりすることもしょっちゅう。信号一つ渡るにも一回では無理なので、信号一つあたり5分くらいかかると見て、移動時間のシミュレーションをしておけば良かったと思う。普段、スマホでGoogle Mapなどで移動しているのが、日本ではレンタルガラケーで対処しなければ行けなかったりするので、オーガナイザーは事前に詳細な地図をプリントアウトして、どこに誰を立たせるかまで考えるのが理想。


この辺はTrip直前の冬学期にOperationの必修授業を受けているので、endless operational problemsが続いているという感覚だった。こんなことならoperationをもっと勉強しておけばよかった、とは正直あまり思わなかったが、現実でoperational problemにぶつかるのはなかなか面白かった。


とにかく集団での行動には思いの外、時間と労力を要するのでスケジュールには余裕を持たせること。


また、代理店の提案したスケジュールを信じてしまったことは大きな間違いだった。「本当にこれでうまくまわるのか?」という視点から、徹底的に叩くべきだった。あまりに無理なスケジュールだったので、途中でバス運転手と相談して、スケジュールをその場で変更したりした。


さらに、上述の通り、行動パターンは各学年によっても違うので、矛盾するようだが引継内容を鵜呑みにせず、自分たちのclassmatesの特性をJapan Trip以前のイベントやsurveyなどから探るように。行儀がいいと思っていた二年生(Class of 2013)は今年のtripでははっきり言って、一部が問題児集団になっていたし、過去のdataはあまり当てにできないのが現実の難しさだった。



・ うまくmanageしようと思うと、80人バス2台まで。
後知恵で言うと、参加者を120人までと定めたことが大きなturning pointだった。

参加者の数が80人と120人ではexponentialにmanageする難しさが増えていくと考えた方がいい。また、バスの台数が増えれば増えるほど、人数確認や乗降の手間がかかるので、うまくmanageできる限界は80人バス2台がいいかなと。これは同行できるオーガナイザーを増やしたとしても、そんなに変わらない気がする。


ただ、これは参加者内での満足度を高めるか、多くの参加者に不完全ながらも日本を体験してもらうかというtrade offの中での選択なので、必ずしも120人にチャレンジすることが間違いだという訳ではない。今年120人に定めるときにも、このような議論をして、やっぱりできるだけ多くの人に日本を体験してもらいたいということで120人に挑戦した経緯にある。また、たとえ80人で締め切ったとしても、どうしても行きたいという人は必ず出てくる中、それを無下に断るのはなかなか難しいのもまた事実。



・ 通訳案内士はあてにならん
通訳兼ガイド兼添乗員というと聞こえがいいが、要はその全部が中途半端。あんまり当てにしないで臨むべき。意外と通訳でもガイドでも無く、添乗員の仕事(端的には出発時の人数確認)だけは頼りたいところでもあるので、最初にお願いすれば人数確認はやってくれる。ただ、バスの座席を勝手に変えてきたり、ツアーに参加せずに個人行動をとる人間が必ず出てくるので、どこかで自己責任と割り切って、時間になったら出発してしまうというのも一考の余地あり。

あてにならんとは書いたものの、いてくれると助かるのも事実だし、人によって力量にかなりの差があるのも事実。
ばかにならない費用がかかるので、代理店を通じ優秀な人をちゃんと手配してもらうように。



・ どっかで線引きをすべき
飲み会での一場面「ビール頂戴!」「日本酒無いの?」「水もらえるかな?」

矢のような催促が店員ではなくオーガナイザーである我々に飛んでくる。

アメリカ人ならびにアメリカで生活している人は、頼むのはタダだと思っている節が多分にある。

これらのリクエストを一回受け入れてしまうと、我々は飲み会の最中に店員に成り下がることになる。きっちりと、「それは店員にお願いして」と伝えれば彼らはほとんどの場合従うので、trip初期の段階で、「我々は君たちの召使いではない!」ということをちゃんと伝えるべきだったと個人的には思う。

もちろん、彼らに日本を楽しんでもらおう、好きになってもらおうという気持ちからいろんなリクエストに応じることもあるのだけど、どこまでをオーガナイザーの仕事とするかは旅に臨むにあたって、事前に線引きについて合意しておけばよかったかもしれない。


参加者の多くはclubに行くのを楽しみにしている。なので、我々も精一杯それに応えようと店の入り口まで連れて行ったり、東京については候補先をguidebookに掲載したりした。が、これも考えものだと思う。

まず、リスクが大きい。我々オーガナイザーが公式にアレンジしたイベントのようになってしまい、何かあったときにオーガナイザーの責任になりかねない(もちろん、waiver formはとってあるものの)。また、clubbingのqualityまでJapan Tripのqualityの一部となってしまうのは本意ではない。結局、最終日の終日フリーdayには、参加者間で連絡を取り合ってとあるclubに集合していたので、「オーガナイザーはclubbingについては関わりません」と割り切ってしまえば、それはそれで彼らも対処する。


この辺りは、オーガナイザー間で事前に合意をとっておかないと、動き方がばらばらになってしまう(初日に、あるオーガナイザーが20人ほどbarに連れて行き、その費用をtripの予算から負担してしまったことにより、参加者にclubやbarもtripの一部という間違った印象を与えてしまった)ので、事前にどこまでがtripとしてオフィシャルにサポートすべきなのかの線引きが必要。

その2に続く

Toyota 1
Toyota 2

(トヨタ工場見学にて。120人居ると、集合写真もなかなか一度で撮れません。。。)

Eigamura.jpg

(京都東映太秦映画村にて。ややshabbyではありましたが、皆それなりに楽しんでくれてました。ちょっと気温が寒かったのが残念。。。)

Sakura Kiyomizu
(清水寺近くの桜。今年の開花が早かったおかげで、Trip中ずっと桜を楽しめました。京都はやや早かったですが、東京は満開の桜を楽しむことができました。)

category: MBA

Posted on 2013/04/09 Tue. 19:08  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Final Exam終了!いざ日本へ! 

冬学期のFinal Examが終了。最後はtake home examだったので、提出したところで完了。

Marketingがtake homeだったのは、読むのが遅いinternational studentにとっては助かったが、時間をかけられるだけかけられるので長くなってしまったのと、”テスト終わった〜”というキレが無いのが今ひとつ。
(今日、僕が延べ7〜8時間かけたfinalの課題に対し、アメリカ人が"まだやってないけど、2時間もあれば終わるから大丈夫〜”と言っていたのを聞いてがっかり・・・)

まあもう提出してしまったので気持ちを切り替えてと。

ほんとは今日はゆっくり休みたいところだが、明日日本に発つので荷造りやらいろいろあってまだまだばたばた。

明日からUCLA Anderson Japan Trip 2013がはじまる。約130人の大所帯で約10日間にわたり、京都・大阪・名古屋・東京をまわり、毎夜宴が繰り広げられるというハードなツアー。Andersonは春休みが短いので、Japan Tripが終わったらそのまま春学期が始まってしまうため、息つく暇も無いような日程。

とはいえ、約5ヶ月にわたって企画をしてきたツアーがどのようにAndersonの学生に受け入れられるのか。おそらくは今回の学生生活の一番の思い出にも成りうる旅なので、楽しんできたいと思います!

日本に帰るのは嬉しくないけど、130人の同級生を連れていくなんてありえない経験はとても楽しみ。そして、タイミング良く桜が咲いてくれているようなのでお花見が楽しみ〜♪ 花粉飛ぶな〜

全くとりとめもありませんが、今日はこの辺で。
sakura.jpeg
(イメージ図)

category: MBA

Posted on 2013/03/22 Fri. 08:26  edit  |  tb: 0   cm: 0  

衝撃のSport Management最終日 

今日はCorporate FinanceのFinal Examもあったが、Sport Managementという授業の最終日でもあった。

この授業はLAに立地するUCLAならではとも言える授業なので少し触れておきたい。

前にも述べたが、前期よりUCLA AndersonではSports, Music, Entertainment系の授業の充実に力を入れており、この授業もその一環で、元San Diego PadresのCEOを講師に迎えてSport IndustryにおけるManagementについて、guest speakerも交えながら学ぶという授業。

授業を通じて印象的だった点
・4大スポーツ(NFL, NBA, MLB, NHL)の圧倒的なビジネス規模
・College Sportsの裾野の広さ:一例として、
UCLAの属するPAC-12というリーグがテレビ局と最近締結したアメリカンフットボールの試合にかかる放映権契約料は12年契約で$2.7 billion!! 
1ドル95円で換算して、一チーム当たり、年間約18億円もの放映権料収入が入ることになる。

(因みにJリーグは2007年から2011年までの放映権契約料が年間50億円だそうだ。これを全チームで分配することになるので、彼我の差の大きさをお分かり頂けるだろう。。。)

・サッカーって何?状態のアメリカスポーツ事情:サッカーは高校生くらいまでに遊びでやる人は多く、女子に人気のあるスポーツである(アメリカ女子代表の人気はすごい)が、ことビジネスとなると存在しないに等しい扱いだった。
・人脈のビジネス:講師のJeffはSport界に幅広い人脈を構築しており、授業を通じてそれを学生に還元するという素晴らしい人物であった。Sports businessの世界に足を踏み入れたいMBA生にとってはまさに夢のような授業と言えよう。


なお、先週と今週はGroup Final ProjectでLA Dodgersの経営陣に対して、TwitterやFacebookといったSocial Mediaを活用して、1. Fanに対してよりDodgersのinformationを伝える、2. merchandiseの向上を目指す戦略を提示するという課題であった。優勝チームにはなんとDodgersでのinternshipが与えられるというのが、ビジネススクールっぽい。

先週の段階で9グループから4グループに絞られて、僕が属していたグループはfinalistの4グループに残っていたために最終発表を行った。

結果はまだ出ていないが、勝利チームはinternとして働いてこのprojectを実際に実現するということを踏まえると、feasibilityも重要であり、その点では我がチームは健闘したと思われる(僕自身の貢献は小さかったが・・・)。

ところで、今日の最終プレゼンの前に、プレゼンが得意な一人の人に任せるべきか、チームの面々がプレゼンすべきかという議論になった。恥ずかしながら僕は、”プレゼンをspoilしたくないので、僕はプレゼンしない!”と言い切っていたので、後者の選択肢をとったとしてもプレゼンターにはならないことになっていた・・・

珍しく議論がheat upする中、最後にCという女性が"グループとしてプレゼンをするのに、しゃべらない人が居るのはおかしい!ビジネススクール生であれば、プレゼンの得意不得意に関わらず、プレゼンすべき!”と言い切って、僕以外の全員がプレゼンすることになった。

いつも僕が苦しんでいるのに気づいて気遣ってくれていたチームメートですが、最後に本音を聞いたような気がして、頭をガツーンと殴られた衝撃を受けました。。。

たしかにDodgersのPresidentの前でプレゼンするなんて、まさにChance of a lifetimeな体験だったわけで、それを目の前にして逃げてしまった自分に恥ずかしい気持ちで一杯です。ガツーンとやられて、吹っ切れたような部分もあるので、次のチャンスは逃がさないようにしたいと強く心に誓ったのでした(僕の名誉の為に言うと、一応、今日は来週に迫ったJapan Tripの説明会で数十人の学生を前に30分ほどプレゼンをしてきた。この話はまた今度)。

Dodgers Cap
(戦利品のDodgers Cap)

category: MBA

Posted on 2013/03/15 Fri. 14:43  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Final Week直前 - Corporate Finance 

早いもので冬学期(もう冬という感じは全く無いが。。。)も終わりを迎えつつある。

今日でMarketingは最終講義を迎えた。

本来であれば来週1週間がFinal exam weekで、その後spring breakとなるのだが、Corporate FinanceのI.W教授の気まぐれで明日にCorporate Financeの試験がある。

本来であれば明日に向けて血眼になって勉強しなければいけないところだが、このCorporate Financeは一風変わった授業だったのでblogで記録に留めておきたいと思った次第だ。

(本来であれば明日にはSport Managementの最終プレゼンもあるのだが。。。(しつこい))

このI.W教授の授業スタイルは他の教授とは大きく異なる。

1. パワポを使わない。
パワポを使わないからといって講義スライドが無いわけではない。スライドはあるのだが、紙ベースで印刷したものを懐かしのOHP (Overhead Projector)を使ってスクリーンに投影して授業を行う。いまどきOHPというのはAnderson中探しても彼だけじゃないだろうか。

多くの教授が学生の興味を惹き付けるために、ビデオなどを駆使して講義を行うのとは対照的である。

2. 所謂lectureがない。ひたすら問題を解くだけ。ビジネススクールなのにケースも無し。
講義スライドには基本的に、問題しか無い。そしてその問題も"What is a perfect market and why does it matter?"といったように、やや哲学的とも言える問題が多い。そして、例えば"How well does the CAPM work?"という問いの答えは"it sucks"であり、一見してもどう答えて良いのか分からないものが多い。

3. 問題演習をひたすらやるのに、答えが配られない。
講義は教授の気分で重点ポイントが変わるために、スライド1枚に1秒のこともあれば10分かけることもある。
ノートを取っているとあっという間に進んでしまうことがあるので、学生は一生懸命ノートを取ろうとするが、どうがんばってもノートは不完全なものとならざるを得ず、後から見返すとただの殴り書きしか残っていないことが多い。。。

4. 原則コールドコール
cold callというのは、教授が学生を指名して答えさせることを言うが、この授業では原則全てcold callで構成されており、いつ当てられるか分からない中授業が進む。おおかた一人一回は当たるが、ときに集中攻撃を浴びることもある(特に遅刻した学生)。教授はtorture(拷問)することを喜びとしていると公言しており、やや理不尽な質問を浴びせて学生を赤面させるようなことすらある。


このようなスタイルのために学生によっては拒否反応を示すため、当初60人強居たクラスは40人ほどがドロップして今では20人ほどしか残っていない。逆に今残っている人の半数くらいは、金融に詳しい精鋭部隊なので、喜々として授業に臨んでいる。残りの半分は社費のアジア人学生が多く、ドロップするほどでもないのでとりあえず頑張っているというところだろうか。

自分としては、Corporate Financeについての一定の知識は持っているが、教授独自の考え方や教え方により学ぶところも多かった。一方で、やはりアカデミズムに生きる人の実務に関する知識の限界も感じた。

振り返ってみると、以下のことを学んだ(ような気がする)
・project valuationの方法:正しいCFの見積もり方、使い方、割引き方
・Debt-Equity mix: MM理論の成り立つ世界から成り立たない世界を議論
・debt holderやshareholderといったstakeholderとmanagementの関係: Agency problem、insider informationなど
・配当政策と企業価値の関係
・(なぜか突然)デリバティブ理論。教授はあまり乗り気で無いみたいだが、AndersonからCorporate Financeの授業では初歩のデリバティブ理論を取り扱えというrequirementがあるようだ。

これらをperfect market前提の議論から、imperfect marketの議論へと発展させながら教えてくれた(ような気がする)。

最初から順序立てて整理して教えてくれれば、もっと分かり易かったような気もするが、千本ノック的な問題演習により、ふと気づくと色々と学んでいるというのがこの講義に対する好意的な解釈と言えよう。

なんだかんだ言いながら、Andersonの”名物”授業とも言えるような講義なので、とりあえずdropはしなくてよかったな〜 (成績が返ってきたら、前言撤回するかもしれないが(笑))

余談ながら、先週末よりサマータイムに突入。19時近くまで明るくなり、気候も良いのでfinalの準備をするのが辛いっす。。。


category: MBA

Posted on 2013/03/14 Thu. 14:31  edit  |  tb: 0   cm: 2  

MBAペーパーレス化 - Good Notes 

ノートPCはもちろん、Tablet PCも一人一台というこの時代、しかもCaliforniaということで、MBAでもさぞペーパーレス化が進んでいると思ったら大間違い

Lecture notes(アメリカの授業では先生がPowerpointで授業を進めることが一般的なので、そのコピーを配るケースが多い)は紙ベースで配布されるし、Caseもほとんどの生徒が紙ベースで印刷して持ち歩いている。話を聞いても、”やっぱり印刷しないと”派の学生が多い。

かくいう自分も印刷派だったのだが、MBAに来てからは積極的にペーパーレス化を進めている(ちなみに環境保護という側面よりも、重い紙を持ち歩くのが嫌というのと、大量の紙ゴミが出るのが嫌という方が強い)。

新聞はDigital SubscriptionでKindle FireやNexus 7で読む。
本も手に入るものについてはKindle versionを購入するようにしている。
正直新聞は紙のメリットを感じることも多いが、本については辞書の引き易さや持ち運びの利便性からKindleの虜になっていて、もはや紙には戻れないと感じているほどだ。

さらなるペーパーレス化を目指して、冬学期(今学期)はCaseをたくさん読む授業が多かったため、Caseもペーパーレスにすることにした。

ただCaseを読む際には、いろいろメモを書き込んだり、マーカーを引いたりしたいので、PDFに手書きできるアプリを探してみることにした。そこで出会ったのが、Good NotesというiPadアプリ。これまでiPadは子供のYouTube viewerに成り下がっていたが、このアプリのおかげでCaseを読むカッコいいtoolとして返り咲き。

紙に書き込む感覚で、マーカーやペンが使えるのでかなり快適♪ 類似アプリはたくさんあるが、このアプリの優れているのが、手書きのinterfaceで(詳しく知りたい人はリンク先などを参照頂きたい)、まるで紙のノートに書くようにすらすらと手書きができる。
Dropboxなどのcloud toolとも連携できるので、外出先でもファイルを取り出せる。

http://lala.idea4u.net/archives/9738

紙からTabletへの変更には、switching costを伴うため、一度もチャレンジしたことが無い若しくは過去にチャレンジしてみたが、やっぱり紙に戻ってしまった人が大多数だと思う。が、一度switching costを払ってしまえばそのbenefitはかなり大きい。tablet pcのタッチパネルやcloudなど技術も進歩しているので、ぜひ一度チャレンジしてみることをオススメする。少なくとも僕は、”もう紙には戻れない”と思っている(もちろん、ペーパーレス化することで、紙の優れた部分がより分かるようになるという部分もあるが。。。)。


こうしてかなりの部分をペーパーレス化したわけだが、結果として学校に毎日、MacBook Pro(過去記事ご参照http://frank1516.blog.fc2.com/blog-entry-3.html)、iPad、Nexus 7を持っていくことになり、重さに関してはむしろ重たくなってしまったのが難点である。早くAppleにはこの3台の特徴を1台で併せ持つ夢のマシンを作って欲しいものだ。

Good Notes

category: MBA

Posted on 2013/03/07 Thu. 17:16  edit  |  tb: 0   cm: 0