10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Why MBA? 

MBA受験をする上で避けては通れない質問がいくつかある。その最もたるものが"Why MBA?"だろう。

何事も喉元過ぎれば暑さ忘れるという面があり、MBA受験を終えた今となっては何を考えていたか忘れかけているが、むしろ留学をはじめる今こそ改めて考えてみようと思う。

先に本音ベースの"Why MBA?"を行ってしまうと、
・とにかく留学がしたかった。そして、海外で生活がしてみたかった。高校生の頃からアメリカへの留学に憧れ、MBAというものがあることを知る。大学は経営学部に入ろうと思っていた(結果的に入ったのは法学部政治学科)。ではなぜ留学がしたかったかというと、日本に愛国心を強く持つ一方で閉塞感を感じ、外国に飛び出てみたかったという極めてprimitiveな動機が根底にあり、今もそれは大してかわらない気がする。
・英語を上達させたかった。これは本人のみならず、妻そして二人の息子にもあてはまる。極論すれば、"英語さえ"できれば、しばらく食うには困らないと思う。国内の経済成長に限界がある日本企業は必然的に海外に活路を見出す。そして、完全なlocalizationをしない(or できない)ので、英語を話す日本人には今後も一定の需要が見込めるからだ。親として子にできることを考えたときに、攻め・守りの両面から考えても、英語を流暢に話せるようにしてあげたいと思った。

以上の二つの理由は非常に大きいが、実は僕はLondonで3年半を仕事をする機会に恵まれた。そして、上記の多くの部分が達成されてしまった感があった。もちろん、英語力はまだまだ伸ばす必要があるし、まだ子供も小さかったので英語は全く身に付いていないので理由にはなるが、"どうしてもMBAで無ければならない"という強力な動機ではなかったかもしれない。

ではなぜそれでもMBAなのかというと(注:ここからは少し建前モードも入る)、
・Londonでの経験でLeadershipとTeamworkの重要性を学んだこと。そして、Leaderは資質による部分もあるが、ある程度は育てられるもの、そして学ぶことができるものであると感じたこと。詳しくは触れないが、Londonで働いていた頃に、人生ではじめて強いLeadershipというものを肌で感じる機会に恵まれたためだ。また、Teamworkについては世界の金融センターLondonらしく、同僚がイギリス人、アメリカ人、フランス人、タイ人など多国籍で、多様なバックグランドを持つ人々が英語を介して仕事をするということの面白さを体感したからだ。そして、自分をもう一度Diversifiedな環境に身を置き、teamで物事に取り組むという経験をしたいと強く思うようになった。
・Entrepreneurshipを学びたい。僕は日本の金融機関に身を置いており、その会社は一通りの金融サービスを提供しているが、ひとたびグローバル金融機関(e.g. JP MorganやCiti)と比較すると、まだまだまともに提供できていない金融サービスがたくさんある。必然的に、海外でのビジネス展開は、限られたリソースを効率的に活用しつつ、事業を立ち上げていくentrepreneurialな営みになる。会社を興す起業とは違うかもしれないが、社内で事業を興すのもやっぱりentrepreneurshipを要求されると思っているので、それを学びたいのだ。

書き始めは、"改めて考えてみよう"と言っていたが、書いてみるとエッセイに書いたことと特に後半はほぼ同じになった。本当に思っているから書いているのか、書いたから本気でそう思うようになったのか判然としないのが正直なところだが、良く言えば"ぶれてない"ということか。そうなんだろう、きっと。そう思いたい。

ただ最近は学校から学ぶことはもちろんだが、classmatesや他のMBA Programの学生との交流から得られるものに期待が膨らんでいる。UCLA AndersonのClass of 2014の世界中のclassmatesとすでにFacebookを通じて交流がはじまっていたり、日本にいるMBA合格者の皆さんと交流させて頂く機会がある。今後、皆と経済・経営を問わず様々な問題についてdiscussionしたり、ビジネスプランについて語り合ったりすることを心待ちにしている。
高校時代に影響を受けたJ.F. Kennedyの"Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country"という言葉を思い出しつつ、自分がclassmatesやcommunityに対してできることを恐れずにやっていこうと思う。

(本当はこの記事がMBA Applicantsの方の一助になればと思って書き出したが、すっかり参考にならないものになってしまった… 受験対策的なものは別途また考えます)

category: MBA受験全般

Posted on 2012/06/27 Wed. 23:54  edit  |  tb: 0   cm: 4  

Comments

同感です

同じく今年からMBA留学しているものです。たまたまたどりつきましたが、本当にそうですね。frank1516ほどクリティカルではないですが住居の問題で似たような目にあいました。お互い大変なこともあるかもしれませんががんばりましょうね。

Y #9fwKf9PM | URL
2012/06/29 12:51 * edit *

Re: 同感です

コメントありがとうございます! 因にYさんのブログを私の妻が愛読していたそうです(笑)
事務レベルの低さなど日本人の方がグローバルレベルに馴れなければいけないのかもしれませんが、分かっていても腹立つことが多いですね〜
貴重な留学の時間を最大限に活かしたいと思っているものにとっては、天敵以外の何者でもありません。
お互いくじけずにがんばりましょう!

> 同じく今年からMBA留学しているものです。たまたまたどりつきましたが、本当にそうですね。frank1516ほどクリティカルではないですが住居の問題で似たような目にあいました。お互い大変なこともあるかもしれませんががんばりましょうね。

frank1516 #- | URL
2012/06/29 21:06 * edit *

frank1516さん
僕らのほうがなれてしっかりとフォローアップしないといけないとわかっているものの腹がたちますよね。時々本気でやっているのか?疑わしくなったりしますね。僕は最後の最後までじつは住む家でもめて渡米2週間前までどっちつかずの状況でした。貴重な時間をしっかりと満喫しましょう。愛読しますので是非がんばってくださいね。
ブログ、恥ずかしいですがうれしいです。奥様にも是非よろしくおつたえくださいませ。そしてDS発行おめでとうございます!ビザ関連が一番神経が過敏になるところですのでお気持ちお察しします。

P.S気づけば違う記事にコメントしていたり、先のコメントでは「さん」を付け忘れていたりしました。コメントつけるのなれていなくてすいません。。

>コメントありがとうございます! 因にYさんのブログを私の妻が愛読していたそうです(笑)
事務レベルの低さなど日本人の方がグローバルレベルに馴れなければいけないのかもしれませんが、分かっていても腹立つことが多いですね〜
貴重な留学の時間を最大限に活かしたいと思っているものにとっては、天敵以外の何者でもありません。
お互いくじけずにがんばりましょう!

Y #- | URL
2012/07/02 02:21 * edit *

Re: タイトルなし

Yさん
コメントありがとうございます。
愛読して頂けるとのことで大変励みになります。

海外に出ると無意識に日本人としての常識を相手に期待していることに気づき、日本の常識は世界の非常識であることに気づかされますよね。
先日、「外国人が日本に来て驚くこと46個」という記事をよみましたが、そのほとんどが裏返すと、「日本人が海外に行ったときに不便に思うこと」になることに妙に関心しました。(例:電車が時間通り来ない、ウォシュレットが無い)

おかげさまでやっと留学生活を開始できそうです。お互い密度の濃い二年間にしましょう♪

http://rocketnews24.com/2012/06/22/223428/

> frank1516さん
> 僕らのほうがなれてしっかりとフォローアップしないといけないとわかっているものの腹がたちますよね。時々本気でやっているのか?疑わしくなったりしますね。僕は最後の最後までじつは住む家でもめて渡米2週間前までどっちつかずの状況でした。貴重な時間をしっかりと満喫しましょう。愛読しますので是非がんばってくださいね。
> ブログ、恥ずかしいですがうれしいです。奥様にも是非よろしくおつたえくださいませ。そしてDS発行おめでとうございます!ビザ関連が一番神経が過敏になるところですのでお気持ちお察しします。
>
> P.S気づけば違う記事にコメントしていたり、先のコメントでは「さん」を付け忘れていたりしました。コメントつけるのなれていなくてすいません。。
>
> >コメントありがとうございます! 因にYさんのブログを私の妻が愛読していたそうです(笑)
> 事務レベルの低さなど日本人の方がグローバルレベルに馴れなければいけないのかもしれませんが、分かっていても腹立つことが多いですね〜
> 貴重な留学の時間を最大限に活かしたいと思っているものにとっては、天敵以外の何者でもありません。
> お互いくじけずにがんばりましょう!

frank1516 #- | URL
2012/07/03 10:01 * edit *

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://frank1516.blog.fc2.com/tb.php/6-dec5fe65
Use trackback on this entry.