10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

さらに今更ながら一年生春学期振り返り 

試しにGoogleで”UCLA 留学 ブログ”と検索してみたら、なんと3番目に本ブログが出てきた!
(どうもあんまりアクティブに更新してる人がAndersonには居ないっぽいですね。その辺もAndersonらしいと言えばらしいところ笑)


餃子の皮とか語っている場合では無い⁈


ということで、アプリカントの方や一年生にも役立つことを願い、一応全ての学期を網羅しよう。

履修したのは以下:
-EVI (Entreprenuership and Venture Initiation)
-CBD (Coporate Business Development)
-OB (Organizational Behavior)
-Business Strategy


EVIは、アントレに力を入れるAndersonの看板授業の一つと言っても良いと思う。


EVI-BPD-BCOという一連のアントレコースの最初をかざる授業。

略称ばかりで恐縮だが、BPDはBusiness Plan Development、BCOは?なんの略だっけ?えーっと、Business Creation Optionですね。

EVIでビジネスモデルを考えてfeasibility studyやって、BPDでそれをビジネスプランに昇華させ、BCOで実際に資金集めとか始めて事業開始させるというような流れだと思います。


思います…としか言えないのは、自分はEVIまでしかとってないため。これらの授業を履修する学生には起業に関してテンションのばらつきがあって、どうも人のビジネスプランに自分を没入できなかったので、EVIに留めてしまいました。Financial Pro Forma作りとか学びたかったけど、それはバリュエーションの授業で学びこととしました。


長くなりましたが、EVIは学びが大きい授業でした。
スタートアップ段階で直面する問題など興味深かった。

Andersonに来たからにはぜひ履修してみて欲しい授業です。社費生でもプチアントレブームが起きます(笑)


CBDは企業内起業、という感じでしょうか。企業がinorganicな成長を目指す生の戦略について学ぶ授業。

Merger, Acquisition, Divesture, Alliance, Joint Ventureなどが含まれます。

印象的だったのは、米企業が如何にCBDに力を入れて成長を実現してきたかということ。

ある程度分かってはいたけど、M&Aというのは本当に成長戦略の柱なんだなと…


日本で数百人規模のスタッフを持つ自己M&Aチームを持つ会社なんてあるんでしょうか?

米企業はそれだけ力を入れている。その成長スピードに対抗するのは本当に大変なことです。


とやや仕事モードに頭が戻る一方で、MBA生の間でも賛否両論だったのがOB。

心理学的な側面から組織を分析します。
うーん、それくらいしか思い出せない。


ストラテジーは、王道のフレームワーク(Porter's Five Forcesなど)を通じたケース分析が中心。

Samsungが如何に凄いかのケースがあった一方、日本企業は殆ど終わった存在として扱われていたのが屈辱的でありました…

反面、いつもは授業中は物静かな韓国人留学生が輝く場面でありました。


そんなこんなで怒涛のMBA1年生は終わり、長い長い夏休みへと突入したのでありました。


P.S.
明日LAマラソンなのに不覚にも風邪をひいてしまった…
子供が二人も居ると色んなウィルスを持ち込んでくるのか、子供から始まり妻に移り、マラソン直前の最悪のタイミングで自分が発症… なんとか治さねば‼︎

category: MBA

Posted on 2014/03/08 Sat. 10:15  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://frank1516.blog.fc2.com/tb.php/48-892b6485
Use trackback on this entry.