04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

今更ながら二年生秋学期振り返り 

久しぶりにブログを見返してみると、意外と興味深いので、やっぱりもう少し記録に残してみようと思うこの頃。


日記とか書いたこと無かったけど、なかなか面白いですね。


さて、すでに終わってしまった秋学期ですが、履修した授業は以下:

-AMR
-Sales and Channels Management
-Special Topic in Accounting
-Special Topic in Real Estate, Economics, Capital Markets and Securtization

AMRについては別記事ご参照。

Sales and Channels ~はマーケティングの4Ps (Product, Price, Place(Distribution), Promotion)のうち、Placeに特化した授業。主にケースを通じて、どういうプロダクトにはどういうチャネルが適しているかなどを分析する。

学びが大きかったのはこの授業。AMRに使うこともできたし。この教授(A. Terech)は人気あるらしいんだけど、僕はあんまり好きになれず。なんとなく自分の中の”正解”に固執してしまう感じと、結論に至るまでの前提に納得できないことが多かったため。


AccountingはSussmanという一部の間では名物教授と化している先生の授業。Accountingの中でも最難レベルらしい。取ってから知りました。


授業はオリジナルのケースを用いての分析がほとんど。先生のしゃべりが面白く、これだけ会計を楽しく教えられるのは人気になるのも分かる気がする。すっかり気に入って、実は今期(冬学期)もSussmanの授業を履修しています。


この授業のおかげで、結構財務分析の足腰が鍛えられてきた気がします。実務復帰したときに役立ちそうな知識が満載。


Capital Marketsは証券化商品の分析が中心で、不動産証券化にやや重点が置かれている感じ。S.Gabriel先生はSF連銀での勤務経験も長い学者肌の強い人。授業も良くも悪くも学者の授業という感じだった。

前知識もあったので、学びの点では?な部分もあったが、例えばリーマンショックやユーロ危機などに関するアカデミックペーパーをまとめて読むいい機会になった。


それにしても、ほんの二ヶ月ほど前のことなのに、遠い遠い昔のよう。これ書くために、どんな授業をとったか履修システムを確認してしまった…


残り少ないMBA生活、一生残るようなものに力を入れるようにしよう。

category: MBA

Posted on 2014/03/04 Tue. 15:43  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://frank1516.blog.fc2.com/tb.php/47-6fdfb23d
Use trackback on this entry.