08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

今更だけど冬学期概観 

冬学期(2013年1月〜3月)の概観をご提供

履修科目
・Marketing (必修)
・Operation (必修)
・Communication (秋学期から継続・必修)
・Corporate Finance (選択)
・Sport Management (選択)

個人的には今学期の目玉はMarketing。Framework (3Cs, STP, 4Ps etc)を学びcaseを分析していくという極めてMBA"らしい"授業。先生が当たりで、授業の内容・進行ともに素晴らしく楽しい授業となっている。この手の授業にしては珍しく、Class ParticipationがGradeに含まれていないので気楽に参加できるのも嬉しい(ほんとはこんなことではいかんのだが(苦笑))

苦しんでいるのがOperation。今まで学んだことが無いという意味で学びが大きいのだが、Marketingと異なりGrand Pictureが与えられず毎回の授業で何がメッセージなのかがよくわからないことが多い。授業のTime Managementも多いに不満。Class Participationの評価が重いため、(自分も含め)あまり付加価値の無い発言により授業時間が費消され、caseの分析が疎かになることが多い。

Communicationは秋学期からの引き続き。本来は学びの多い授業になるはずだったのだが、改善の余地が大きい授業というのが率直な感想。必修にCommunicationを入れるという姿勢は大変評価するが。。。

Corporate Financeについては別の機会に詳しく触れたい。良くも悪くも個性的な授業スタイルで、ある意味Andersonの”名物授業”といってよかろう。

Sport Managementは、これぞAndersonという授業で、今期から新設されたclass。講師は元San Diego Padres及びArizona Diamond BuckのCEOとまさに”業界”の有名人。その多彩な人脈を活かしてguest speakerを連れて来て業界の生の声を聞かせてくれるのが素晴らしい。一方で、"Sport"といったときに、米国では主にMLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツを意味するというのは、今考えれば当然といえば当然なのだが、履修前には気づいていなかった。
興味のあるサッカーチームの運営について語られたことは、授業中に5秒程度しかなく、90%はMLBが対象というのは残念な点。Andersonでは、Sport、Music、Entertainmentなどの授業強化プロジェクトが前学期より始まっており、試験的にこれら業界を対象にした授業が設置されている。MBAの中でも、これら業界を対象にした授業はAndersonとUSCくらいかと思われるので、やはりLAという立地による強みと言えるだろう。

早いものでFinal Project、そしてFinal Examの時期にさしかかっており、それが終わると春休みにJapan Tripと、学期中はほんとにあっという間に日々が過ぎていくのである。

ちなみにLAは2月中旬くらいになるころから、桜のような花が早くも咲き始めて春の訪れを感じさせるのだが、就職活動中の同級生に春が訪れる、すなわちInternshipのofferを貰うのもこのくらいの時期が多く、offerを貰った学生は、表情・行動・服装に変化が見られ、まさに”春”の訪れを感じさせる今日この頃。

category: MBA

Posted on 2013/03/01 Fri. 05:25  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://frank1516.blog.fc2.com/tb.php/29-c14c23ba
Use trackback on this entry.