08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

運転免許 in LA - 実技試験編 

本日サンタモニカDMVにて実技試験 (Behind the Wheel Test)を受けてきました。

結果は、"Passed"

ようやくこちらの免許が手に入る。こちらでのセットアップも第一段階が完了!

参考までに実技試験について簡単にまとめておきます(筆記試験の後に実技試験だが、実技試験からご紹介させて頂く)。

1. 予約
DMVのwebsiteか電話で予約できます。僕は筆記試験合格後、すぐに予約しようとしたがまだシステムに登録されていなかったようで予約できなかった。翌日トライすると予約できたので、登録に一日程度かかると思っておいた方がよいかと。筆記試験の予約も同様だが、電話(自動メッセージ)で予約のconfirmationが入る。授業中にかかってきてとれなかったので予約が無効になっていないか心配だったが、ちゃんと予約されていた。

2. 持ち物
・保険がかかっていることを証明する書類
・Vehicle registration
・筆記試験合格後に貰うTemporary Driver License (or Instruction Permit)
・日本の運転免許証:必須では無いかもしれない。ただし、僕の場合は日本の運転免許証があるということを筆記試験のときに伝えて、Temporary Driver License(これがあると、18歳以上の加州運転免許保持者が同乗することなく路上練習ができる)を貰っていたため、付き添い無しで来たためだと思われるが、日本の免許の提示を求められました。

3. Check-in
Window 1が実技試験専用窓口となるため、予約時間前に直接窓口に行く(15~20分前くらいに行くのが良いかと思われる。40分遅刻で来ていた人は追い返されていた)。そこで、準備してきた書類を提示。Drive Test用のレーンに車をまわすよう指示されます。

4. Pre Drive Checklist
以下の順で確認を求められました。手信号で右左逆にしたりしましたが減点はされてませんでした。
・ウィンカー(Turn Signals、右左)
・ブレーキ
・ハンドブレーキ(Emergency/parking brake)
・手信号(右折・左折・停止)
・ワイパー(Windshield wipers)
・曇り消し? (Defroster)
・ハザードランプ (Emergency flasher)
・ヘッドランプ

5. テスト
厳しいと噂のサンタモニカDMVで、且つラテン系の女性にあたると日本人はほぼ間違い無く落とされるとの噂を聞いていたため、緊張してました。順番的に噂のラテン系にあたりそうだったのですが、出てきたのは謎の片言の日本語を話すおじさんでした。
運転中も「そこを右折」「次を左折」「Change the lane to left」と日英織り交ぜた指示がなされました。
主に住宅街を走ったので、交通量は少なくスムーズにドライブできた(つもり)でした。
懸念していた縦列駐車は無く、路肩に車を止めてそこからバックするという簡単なテストがありました。

6. 終了後
DMVに戻ってくると若干のフィードバックがあり、自分の場合は停止位置とスピードと左折時の歩行者の確認についてコメントされました。停止位置については、停止線は超えていないつもり(車長を考慮して止めているので、運転席からは超えているように見えても超えていない)でも減点されたので、やや大げさに手前に止めた方が良いかもしれません。
教官から一枚紙を受け取り、最初のWindow 1に戻り、新たなTemporary Driver Licenseを受け取り終了です。正式な免許は後日郵送です。

結果としては、僕の場合は懸念されていた窓口でのSSNを巡るトラブル*も無く、順調に免許取得プロセスを完了できました。

余談としては、本日実技試験後、今週からはじまるMBA留学生向けのオリエンテーションのreceptionに参加する予定だったのですが、receptionの招待メールの宛先から漏れていたようで、会の詳細が分からないまま場所だけ同級生に確認して、会場に向かったところ"business casual"で来なければ行けないとのことが判明(僕は何も知らないまま、いつもの半袖・短パン・サンダルで会場に)。そもそも招待状を受け取っていなかったことも判明したため、reception参加を取りやめて抗議のメールを事務局に送りました。先ほど返事があり、やはり宛先から漏れていたとのこと。。。(溜息)

ほんとにこの国だか州だかなんだか知りませんが、事務レベルの低さには閉口します。。。

抗議の意味を込めて、明日の午前中はオリエンテーションに参加せず、日本対メキシコを応援します!!

* 特にF-1ではなくJ-1ビザで渡米した学生に多いトラブルで、SSNが無いと試験を受けさせないと言われてしまうもの。本当はJ-1ビザは"就労可能"なだけで、就労しているとは限らないためSSNを持たないケースがむしろ一般的。にもかかわらず、DMVでは「SSNをとってから来い」などと言われるケースが後を絶ちません。同級生の中にはマネージャーと交渉して無事試験を受けられたケースと、マネージャーに交渉したけどそれでも認められなかったケースと、僕のように何も言われなかったケースとありました。窓口対応については運としか言いようが。。。

Temporary DL

category: 渡航後

Posted on 2012/08/07 Tue. 14:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://frank1516.blog.fc2.com/tb.php/17-d0fb993b
Use trackback on this entry.