04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

生活セットアップ in LA 

嘘をついても仕方が無いので正直に言いますが、LAでの生活のセットアップは超楽々でした。

もちろん、ロンドンに続く二度目の海外生活だということもあるとは思うものの、"日本人コミュニティの桁違い大きさ"によるものが大きかったかと思う。


結論から言えば、今回コア不動産という現地日系不動産業者に大変お世話になった。


物件探しは日本から連絡を取り、渡米前に物件を決めてしまった。
もともとは渡米後に物件を見てから決めたいと思っていたが、物件のavailabilityや子供の小学校の学区などを考慮するとそもそも選択肢が多くないことがわかり同じUCLA Andersonの二年生が3家族、日本人家族に至っては10家族ほど(全40世帯中)が住んでいる今に物件に決めてしまった。
ビザの発給に手間取った結果、家の方が先にreadyになっていた。


渡米も最終的に日にちを決めたのはフライト当日というタイトスケジュールだったが、LAの空港まで迎えにきて頂き、そのまま自分の家のチェック、契約。その日は寝具が無いため、宿泊するホテルまで手配頂いた。(TorranceのMiyako Hybridというホテルを手配頂いたが、すぐ隣が大型日系スーパーのMitsuwaで便利。部屋も清潔で素晴らしく大満足だった。LAに来て1,2日宿泊するにはオススメです。)


翌日は、IKEAに連れて行って頂き、家具選び。寝具を購入し、当日発送手配。これで翌日から自分の家で住めるようになった。その後は、電気・ガス・ケーブルテレビ・ネット・携帯電話購入まで全て連れて行って頂いた。(お恥ずかしい話、かなりの部分の窓口でのやりとりもやって頂いた)


ロンドンのときは、固定電話をBritish Telecomに電話して手配するまでに1週間くらいかかったことを思うと、雲泥の差だ。


中古車屋にも日系のメジャーどころ2件に連れて行って頂き、2件目で購入を決定。翌日には納車された。
自動車保険の手配は、中古車屋が保険屋に連絡してくれてそのまま契約をできた。

因に銀行口座についても、日本からUnion Bankの口座開設が完了していて、到着したその日からATMカード(兼デビットカード)が使えた。日本での電話サポートが受けられ、応対も素晴らしい。英語の上達にはつながらないが、生活を支える重要な部分且つミスが許されない部分で日本語サポートを受けられるのはありがたい。

全てがスムーズで、つまづいたところは前述のケーブルTVとネットだけ。それも素晴らしいサポートにより解決された。


これらプロセスの全てではないが、大部分をコア不動産とその他日系業者を通じて手配ができてしまった。
もちろんロンドンにも日系業者はいるのだが、その厚みが違う


LAでは日系業者間に競争が存在するため、サービスレベルも満足のいくもので、価格もこなれている。


おかげで、ロンドンでの生活セットアップの手探り感が懐かしくもなってしまうほど、スムーズに生活セットアップがほぼ完了してしまった。


もしLAが最初の海外生活という人は、これが海外生活だとは思わないほうがいいだろう。ロンドン生活でさえ、あまりに便利すぎて、海外初心者に最適だと感じていたが、LAはそれを遥かに凌駕している。


こちらにきて、食べ物のサイズや高速道路の車線数などその規模のバカでかさに圧倒されることが多いが、なんといっても"日本人コミュニティの桁違いの大きさ"に圧倒される毎日なのです。

category: 渡航後

Posted on 2012/07/23 Mon. 13:07  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://frank1516.blog.fc2.com/tb.php/15-d7fdc985
Use trackback on this entry.