08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ビザ面接!! 

本日、大使館で面接を受けて、無事Jビザ申請が承認されました。ご参考までに、面接の雰囲気を共有します。


予約は9:45でしたが、webの体験談などを見て、早めに行くことに。早めにと行った割には子供を預ける都合により到着は9時ごろ。懸念されていた外まで連なる行列は無し。荷物検査を済ませて建物内に。

入り口のところで日本人女性により書類のチェックがあります。ここで不備があると帰されてしまうこともあるようで、体験談の中には"愛想が悪く怖い"といった書き込みも散見されましたが、至って普通でした。チェックを終えて順番待ちの番号札を渡されると、再度の荷物検査で最初よりも入念に検査がなされます。検査後はいよいよ面接会場へ。


面接会場といっても、外国の銀行窓口と病院の待合室を足したような雰囲気。会場には40~50人くらいの人が居たでしょうか。ただし、ビザによって列が分かれているのか、40〜50人分の面接が終わるのを待つというよりは、学生ビザグループの順番待ちという感じなのではないかと感じました。ここで待っていると同じく今年からUCLAに進学するclassmateのUさんに遭遇。偶然、待ち合いベンチで隣の席でした(笑)


10分ほどで番号が呼ばれたと思ったら、指紋採取でした。もう一度席に戻り、30分ほどで再度番号が呼ばれていよいよ面接です。といっても噂通り簡単なやりとりで、1. 何しにいく? 2. 何年行く? 3. どこに行く? 4. 卒業後は?(嘘でも日本に戻ると言った方がいいらしい) 5. いつからいく? 6. (妻と一緒だったので)奥さんも何か勉強するの? 以上という感じでした。

最後に"ビザ申請は承認されました。1週間ほどで届くので待っててね"という決まりの台詞を頂いて終了。会場を後にしたのが10時頃でした。
時期によって混雑度合いが異なるとは思いますが、そんなに頑張って早くから行くほどではないなあという印象でした。

classmateのUさんとは面接の窓口まで隣で同時となったため、Uさんの面接のやり取りが丸聞こえに。私の面接は英語だったのですが、Uさんはなんと日本語での面接(面接官によって異なるようです。英語力とは全く無関係)。行き先は?との質問に二人してほぼ同じタイミングで"UCLA"と答えているのにはウケてしまいました。6月22日に渡米予定だった人より、8月渡米予定の人に先にI-20を発行したUCLAの事務の遅さが生んだ奇跡と言えるでしょう(笑)

これでやっと"待ち"の状態に。あと1週間を切った日本での生活を満喫して、LA行きに備えたいと思います。

あ〜、ほっとした

category: 渡航前

Posted on 2012/07/05 Thu. 15:18  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://frank1516.blog.fc2.com/tb.php/11-66f4fa6e
Use trackback on this entry.