07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Orientation trip to ヨセミテ - 一日目 

久々の投稿になります。

8月24日〜27日の3泊4日でUCLA Recreation Center主催、UCLA Andersonの学生向けのOrientation Tripに参加してきました。

内容はヨセミテでキャンプとハイキングをするというもので、複数あるOrientation Tripの中でも一番難易度の低いものを選びました。
参加者はUCLA Recreationからのガイド2名とAndersonの学生12名(内米国8名、タイ2名、ブラジル1名、日本1名)の総勢14名でした。その中には二年生も2名参加していました。

予め参加者の中に日本人は僕一人と分かっていたので、どきどきでしたが、何とか無事に帰って参りました。
先にこのtrip最大の動機である、「classmatesと仲良くなる」という目標について結論めいたことから書きますと、

やっぱりアメリカ人とは埋められない溝があるんじゃないかと。。。
英語力はもちろんのこと、やっぱり話す内容にそもそもついていけない。例えば、僕は日本人にしてはアメフト(こちらでは"football"、ほとんどのプレーで手を使うくせに"football")に詳しい方のはずですが、彼らの知識量が半端無い。どこの高校から大学で、どのシーズンの何ゲーム目でなんとかとか。。。 これからなんとかくらいついていきたいとは思いますが、どこまでも埋まらない溝があるのは、まあ当たり前ですね。

西海岸に比べると東海岸の人はややcool
考えてみれば当たり前なのですが、Yosemiteに行きたい!と参加してくる学生はCalifornia以外から来ている人が多い訳で、参加者にはNYからの人が多かったです。彼らは概してGood guyなのですが、わざわざinternational studentsを拾ってやろうという雰囲気は、西海岸の人から比べると薄かったように思います。なんとか「hey, you're my section mate!!」(注:sectionというのは日本で言うところの"組"のようなもので、一学年約370名ほどいる学生を5つのsectionの分けます)なんて感じで絡むには絡んでみましたが。

やっぱりinternationalの仲間は貴重
今回のTripに参加していた留学生とはすでにIPOという留学生向けオリエンテーションを通じて顔なじみだったこともありますが、このTripを通じてさらに仲良くなれました。上記2点の裏返しですが、彼らも多かれ少なかれ同じような疎外感を抱いていることもあると思いますし、留学生として英語や生活セットアップに苦労するなど共通点も多いためですね。しゃべりが堪能でノリの良いブラジル人ですが、必ずしも輪に入り切れていなかったりするわけで、そうはいっても同じ留学生同士のネットワークは大事だなと改めて思い至りました。



それでは早速一日目。初日は基本的には移動日です。
他のTripは9時集合だったのに、このTripがガイドの一人が午前中に予定があるとかで13時集合。出発前日に顔合わせ兼説明会がありましたが、集合場所については”あの辺”といった程度の説明しか無し。

13時に集合場所と思われるところに到着しましたが、一人も人が居ない・・・とぼとぼ歩いていると後ろからタイ人二人(この二人とは留学生向けオリエンテーションを通じてすでに顔なじみ)が現れ、「集合場所ってどこ?」。
さらに前日会った別の学生も現れ、「集合場所ってどこ?」。。。 まあ万事こんな感じ。

そうこうしているうちにちらほら学生が現れ、ガイドが2台のVanに乗ってやってきました。

Yosemite_Van.jpg
(この写真は後日のものですがイメージとして)

あとはひたすら移動。Yosemiteまでは約6時間の道のりと言われてました。

Y_Van_inside.jpg

車中では自己紹介の応酬という感じでしたが、途中ラジオが鳴らなくなるという事態に陥り、一時微妙な空気に。。。そこに二年生のBobbyが「今回は皆と話に来たんだから、これでいい」と大人のコメントが入り、なんとか持ち直しました。
景色が単調なので、どうしても音楽に頼りがちですね。

Y_fromVan.jpg
(これも後日帰路の写真ですが、ずっとこんな感じ)

途中休憩で、LAにたくさんあるIn-n-Out burgerに入るのはさすが。
ブラジル人のGuiはこれがIn-n-Out初体験とのことで興奮気味でした。

ようやくYosemiteの領内に入った頃には暗くなり始め、途中泊まったところでDomeが見えると言われましたが、すでにこんな状態でした。かすかにそれらしきものが見えるでしょうか。。。

Image.jpg

あまりに車の中にいる時間が長くなり、さすがに自己紹介トークも尽きてきたところで、車中ゲームをやろうということで"contact"というゲームをやろうという話になったのですが、ガイドのKatyの説明を聞いてもさっぱり分かりません。僕の英語力のせいかと思いましたが、どうやらアメリカ人も含めて「???」という状態。何度も説明にtryするものの、なんだか変な説明で皆で爆笑しているうちにすでに真っ暗なキャンプ地に到着してしまいました。

さて、当たりを見回しても期待していたバンガローや備え付けのテントが見当たりません・・・

そして、電灯的ものも一切見当たらず・・・ 見えるのは他の人のキャンプファイアの光とヘッドライトのあかりのみ。不安が募ります。

そんな中でとりあえず寝床の話になるのですが、男子参加者の半分ほどが「俺はテントなんていらないぜ〜、外で寝るぜ〜」とのこと。
この人たち何を言っているのでしょう???
Yosemiteには熊やMountain Lion(Pumaとも言いますね)が出ることで有名で、食料はもちろん、日焼け止めやリップクリームに至るまで、熊が開けられないようになっている特殊なstorage boxに保管しなければ行けないようなところだというのに!

そんな人々はほっといてテント設営開始。
テントを選んだのは軟弱なキャンプ初心者ばかりで最初やや手こずりましたが、最近のテントは非常に簡単にセットアップできるらしくなんとか寝床確保です。

Y_Tent.jpg

その後、キャンプファイア。すでに22時頃になっており、今から夕飯作りは無理とのことで結局In-n-Outバーガーが夕飯になってしまい、キャンプファイアではスモア(Smore)というSweetsを食べることに。
Smoreはアメリカのキャンプファイヤーでは一般的なデザートで、焼いたマシュマロをチョコレートとともに2枚のクラッカー挟んで食べるもの。マシュマロが焼かれて溶けて、また違った食感になるのがポイントのようです。
僕はマシュマロがあまり好きでは無いのですが、Smoreは嫌いではないですね。まあ、嫌いでは無いという程度ですが。

Y_Smore.jpg


そうこうしているうちに、タイ人のHandが「眠い眠い」と連呼しはじめたので、一緒に寝る準備をすることに。
(この旅行を通じてよく分かったことの一つはタイ人はよく寝るということ。彼らは車内でも寝てばかりで、その割に夜も早く、朝も遅い(笑))
というのも、Handはヘッドランプを持参してきておらず、一人では行動が不可能だったからです。
心配性な僕は一応、持ち物リストにあったものは一通り持ってきていたのでランプも持ってきたのですが、当初は「なぜランプが居るんだろう?夜にハイキングするわけでもないのに。。。」と訝しんでおりました。
いま思うとそこで気づくべきだったのですが、キャンプ地には電気が無く、公衆トイレはあるものの電気はついていないのでした。

そして、トイレにたどり着いて気づきました。やっぱりシャワーも無い。。。
さすがにある程度覚悟していましたが、ガイドがからかっているだけなんじゃないかというわずかな望みも絶たれました。
これからあと3日間シャワー無しの生活。。。34歳にして、4日間シャワーすらないというのは初の経験。

こうして不安の中で初日の寝床に着いたのでした。。。

一日目終了。

(一日目はあんまりイベントが無かったので軽いはずなのに、意外と体力使いました。。。二日目も記憶が風化する前に、早急にと思ってますがなにせ毎日色んなイベントがあるもので。。。と先に言い訳しておきます)

category: LA Life

Posted on 2012/08/29 Wed. 20:25  edit  |  tb: 0   cm: 0  

MBA オリエンテーション for 留学生 

たまには学校での話題を。

Summer Sessionも後半に入り、今週からIPO (International Pre-Orientation)という留学生(International Students)向けのオリエンテーションがはじまりました。

MBAに来ている留学生向けということで、MBAの授業のスタイルに馴れることを主目的としつつ、英語の強化も図るというような3週間のプログラムになっています。

約370名のAndersonの一学年のうち、留学生は100人前後いるはずなのですが、IPOに参加しているのは約20名で、留学生といっても英語圏の人や、費用がもったいない人、仕事の都合で8月からLA入りできない人などは来ないようです。

構成は、日本 7, 韓国 6, タイ 4, 中国 3, メキシコ 1, ブラジル 1の22名です(途中からあと2~3名来るかも)。
アジア勢が大宗を占めているのは予想通りですが、日本が最大勢力になっていることと、中国が3人しか居ないのはやや驚きでした。

アジア勢は国ごとに群れてしまう傾向があり、我々日本人は極力グループは分かれるようにとか、ランチのテーブルはばらけるようにとか気にしているつもりですが、結構遠慮なく皆群れます(韓国のタイがすごいかなあ。。。)。

とはいえ、別に仲が悪いかと言うとそんなことはなく、それぞれの特徴(英語の発音の特徴や考え方)を楽しんでいます。
これからNative English Speakerが続々やってくると、英語にハンデを抱える留学生は国こそ違えど一種の"同胞"意識が芽生えるのではないかと期待しております。

授業では、アサインメントが出されて、グループで取り組むものもたくさんあります。
(日本対韓国戦を観戦した後)今日の午後は、Starbucksのケースについて、Writingのグループ課題に4時間格闘しました。僕のグループは皆nice guyなので、constructive discussionになるよう皆がtryしていたと思います。一方で、自分の思いをうまく表現できないもどかしさがあり、終わったあとは頭が"ヒリヒリ"するほど疲弊していました。。。

ただ、Starbucksについて下手な英語を駆使しつつ、4時間も議論していられるという幸せをかなり噛み締めた充実した時間でもあり、自分にとってはサッカーでの敗戦のショックを吹き飛ばしてくれる清々しい時間だったと思います。

明日は土曜日ですが、課題授業(?)でビーチに家族も含めて集まり、語らいスポーツをするという会があります。
メキシコ、韓国、ブラジルを撃破して、IPOでのGold Medalを持ち帰ります!!!

P.S. 今日夕方18時頃、UCLAのあるWestwoodに小型飛行機が墜落するという事故がありました。
家に帰ってきてから、友人のFacebookへの書き込みを見て知りましたが、墜落した場所の住所を確かめると我が家からおよそ1マイルしか離れていない場所であることがわかりました。
何が起こるかわかりません。一日一日、全力投球で行きます。
事故で一人亡くなられたそうです。ご冥福をお祈りします。

http://latimesblogs.latimes.com/lanow/2012/08/one-person-killed-in-westwood-plane-crash.html

6a00d8341c630a53ef016769327953970b.jpg

category: 未分類

Posted on 2012/08/11 Sat. 15:46  edit  |  tb: 0   cm: 0  

サイクリング at サンタモニカ 

Santa Monica Pier

Cycling Road at Santa Monica

なかなか授業の話をしなくてすいません。。。

今日は学校が午後からなので、自転車でSanta Monicaまで行って、軽いジョギング&サイクリングをしてきました。

ビーチ沿いにサイクリングロードが整備されていて、海風を浴びながら安全に自転車を漕いでいられるので、いつまででも走ってしまいそうです。

最初はもっとジョギングの割合を増やそうと思っていたのですが、自転車を止めた場所にホームレスの方々が多く、やや不安だったので初回は早めに自転車に戻ってみました。

ビーチ沿いにはバレーボールネットや、ブランコや鉄棒などの遊具を備えた公園なども整備されていて、とてもいい雰囲気。

朝早めだったこともあって、サーファーの方が多かったです。
Santa Monica PierはRoute 66の終点でもあるのですが、Route 66を自転車で走破した(と思われる)夫婦が記念撮影しており、達成感に満ちあふれた笑顔が素敵でした。

行き帰りに大通りを通らなければ行けないのが難点ですが、次回はバスに自転車を乗せてビーチまで行く方法も検討してみたいと思います。

日本に居た頃は海と言うと、海岸までそもそも渋滞。そして、着いてからも大混雑。海の家は無駄に高い。といったネガティブイメージがついてしまっていて(実際はどうか定かではありません)、あまり選択肢に入っていなかったのですが、これからはBeach Activityが増えそうです。

category: LA Life

Posted on 2012/08/09 Thu. 02:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

九死に一生 

悪いことは続くものだ。。。

昨日はせっかくはじまったオリエンテーションの招待状が届いていなかったことに落胆。

今日は朝から日本対メキシコ戦で。

そして、午後から授業に行こうとして家を出たところ、朝から何も食べていないことに気づいた。
サッカー中継に夢中且つその結果により何もできない状態に陥ってたためだ。

そこで学校へ行く道沿いにあるIn-n-Out burgerで腹ごしらえをすることにした。
バンズの肉にあたる部分がかりかりで美味しいなあなどと考えつつ、今日から途中参加になるオリエンテーションのことを考えていた。はじめて日本人以外のクラスメートに会う機会でもあり、途中参加になった理由をどのように伝えようなどと考えていたら、もうすぐ午後の授業のはじまってしまう時間だった。

食事を終わらせ、自転車に飛び乗りキャンパスへ。今日も天気がよい。
本当に自転車での通学は心地よい。キャンパスへのサイクリングも手慣れたものだ。
などと考えてるうちに、キャンパスの入り口についた。

ふと、背中が涼しいことに気づいた。

無い! 無い!
背中に背負っていたはずのリュックが無い!


ああ、そうだ!ランチを食べるときに足下に置いたんだった。
なんとそれを背負うこと無く店を出てしまっていたのだ。

おそらくここ5年くらいで一番焦った。

あのリュックの中には、買ったばかりのMacBook Pro Retnaはもちろん、パスポート、DS-2019、財布、クレジットカード数枚、日本の運転免許証、UKの運転免許証など考えうるほとんどの貴重品が入っている。

おそらく店を出てから5分強が経過していた。お昼時、店にはたくさんの人が居た。もし悪意ある人が見つければ、簡単にバックを持ち去ることができるだろう。

意識していなくても、口から”ああ〜〜〜”という悲鳴とも嘆きともつかぬ声が出ていた(ように思う)。

急がねば!!!

僕は頭の中で計算した。店から出て5分であれば、とられる確率は20%ほどだが、15分では60%程度に上昇する。
あの店はfast foodであるため、必ずしも裕福とは言えない客層の人もいるためだ。
今居る場所から全速力で、場合によっては信号を無視して事故る確率は30%ほど。それでも、このリスクはとるべきほど、あのバックはなんとしても取り戻さなければならない!!

僕は自転車を漕いだ。自転車を買って以来、初の全力疾走。車が横から来るのが見えても強引に交差点を渡った。
店の前に自転車を投げだし、元居た席に駆け込む。

あった!
僕がおいたまさにその場所にバックがあった!!
LOVE WESTWOOD!! なんていい街なんだ。
ますますこの街が好きになったぜ。治安の悪い地区にある学校に行かなくてよかった。
だからUCLAは最高だ!

もしバッグが無かったら、廃人と化していただろう。。。カードを止める手続きや大使館に行ってパスポートやビザの再発行手続きなど、考えるだけでもぞっとする。。。

冒頭に悪いことは続くと書いたが、自分の落ち度でバッグを忘れたにもかかわらず、その場で待っていてくれたのだから、Lucky Dayだったと考えることにしよう。

そして、このバッグ忘れ事件のおかげで、今日の日本代表の敗戦の記憶など銀河系の彼方までふっとんでしまった。
メダルよりバッグである。

誰にでもミスはある。疲れていたり、考え事をしたりいればなおさらだ。
だから、権田くんもあまり責めないであげてください。

そして、万が一妻が車をちょこっとぶつけたとしても、あまり責めないようにしよう。
あくまでちょこっとならだけど。。。

category: LA Life

Posted on 2012/08/08 Wed. 14:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

So devastated... 

先ほど終わった男子サッカー日本対メキシコ戦について、あまりにdevastatedなので、あえて書く。

負けにもいろいろあって、全てを出し切った上での敗北ならば、清々しく受け入れることもできる。

だが、今回の負けは10年ぶりにショックを受けた一戦だった。

44年ぶりのメダル獲得、しかも決勝進出をかけた試合だったというのに、覇気あるいは気合いが感じられなかったこと。格下との対戦ならまだしも、日本は挑戦者。気持ちで負けては勝つことができない。
この点、なでしこはまさに気持ちが感じられる試合をしてくれているだけに残念でならない。

この感覚は10年前、2002年日韓W杯の決勝T一回戦の日本対トルコで味わったものだった。
あのときも歴史を作りにいったはず。それなのに日本はまるで決勝Tに進出したことで満足してしまったが如く、覇気の感じられない試合運びのまま終えてしまった。

覇気のなさは、試合が残り10分を切っても、5分を切ってもディフェンスラインでボールまわしをして、バイタルエリアで脅威を感じさせるプレーが皆無だったことや、途中交代で入った選手が執拗に相手ボールをchaseすることが無かったことにも現れていた。そうすると試合終了直前独特の点が入る雰囲気を作り出せない。会場もそれほど盛り上がっていたようには思えなかった。

理由を探しても詮無いが、10年前との一つ目の共通点は天気。今日のロンドンはどんよりと曇ってみえた。途中から小雨が降っていたかもしれない。10年前の宮城スタジアムも試合開始前から天気が悪かった。

もう一つはスタジアム。聖地Wembleyは新しく綺麗なスタジアムだが、スタジアムが大きく、傾斜が緩い構造上、盛り上がりに欠ける。同じ大きいスタジアムでもOld Traffordはピッチを取り囲むスタンドが急傾斜で作られていて、非常に雰囲気が良い。10年前の宮城スタジアムはそもそもサッカー専用でないことでほぼ問題外だが、傾斜が緩やかで柱の数も多く、臨場感に欠ける点は規模こそ違えどWembleyと共通する。

セットプレーからの失点もやや似ていたとも言える。
あのコーナーキックは嫌な予感がした。まず、吉田がオフサイドを取り損ねたこと。そして、ゴールキックにも見えたものがコーナーキックになったこと。永井と扇原だったかと思うが、ポジションの確認をしていて、永井の位置が浮いているように見えたこと。ゴールマウスにGKの他に人を入れていなかったこと。ファーに永井が居たら、クリアできたのでは無いか。。。

こんなことをつらつらと書いても結果が変わるわけでもなく、所詮はこうしたことを乗り越える力がU-23には無かったということ。それでも抑えようの無いこの虚脱感。

分かって頂けたかと思うが、自分は10年前のトルコ戦をまだ引きずっているのだ。。。ドーハの悲劇などのような、派手な悲劇とは違う、この言いようも無いやり場の無い気持ちは10年経っても納得できないもの。

その気持ちを今日また一つ新たに抱えてしまった。。。

そして、あのトルコ戦のあと、韓国はイタリアを相手に延長戦の末に安貞桓のゴールで、激闘を制したのであった(審判の問題とかいろいろあったのせよ)。
同じアジアの同胞として応援したいが、これでブラジルを倒しちゃった日には今日はさらにどうしようもない気持ちになるなあ。。。

category: 雑感

Posted on 2012/08/08 Wed. 03:55  edit  |  tb: 0   cm: 0  

運転免許 in LA - 実技試験編 

本日サンタモニカDMVにて実技試験 (Behind the Wheel Test)を受けてきました。

結果は、"Passed"

ようやくこちらの免許が手に入る。こちらでのセットアップも第一段階が完了!

参考までに実技試験について簡単にまとめておきます(筆記試験の後に実技試験だが、実技試験からご紹介させて頂く)。

1. 予約
DMVのwebsiteか電話で予約できます。僕は筆記試験合格後、すぐに予約しようとしたがまだシステムに登録されていなかったようで予約できなかった。翌日トライすると予約できたので、登録に一日程度かかると思っておいた方がよいかと。筆記試験の予約も同様だが、電話(自動メッセージ)で予約のconfirmationが入る。授業中にかかってきてとれなかったので予約が無効になっていないか心配だったが、ちゃんと予約されていた。

2. 持ち物
・保険がかかっていることを証明する書類
・Vehicle registration
・筆記試験合格後に貰うTemporary Driver License (or Instruction Permit)
・日本の運転免許証:必須では無いかもしれない。ただし、僕の場合は日本の運転免許証があるということを筆記試験のときに伝えて、Temporary Driver License(これがあると、18歳以上の加州運転免許保持者が同乗することなく路上練習ができる)を貰っていたため、付き添い無しで来たためだと思われるが、日本の免許の提示を求められました。

3. Check-in
Window 1が実技試験専用窓口となるため、予約時間前に直接窓口に行く(15~20分前くらいに行くのが良いかと思われる。40分遅刻で来ていた人は追い返されていた)。そこで、準備してきた書類を提示。Drive Test用のレーンに車をまわすよう指示されます。

4. Pre Drive Checklist
以下の順で確認を求められました。手信号で右左逆にしたりしましたが減点はされてませんでした。
・ウィンカー(Turn Signals、右左)
・ブレーキ
・ハンドブレーキ(Emergency/parking brake)
・手信号(右折・左折・停止)
・ワイパー(Windshield wipers)
・曇り消し? (Defroster)
・ハザードランプ (Emergency flasher)
・ヘッドランプ

5. テスト
厳しいと噂のサンタモニカDMVで、且つラテン系の女性にあたると日本人はほぼ間違い無く落とされるとの噂を聞いていたため、緊張してました。順番的に噂のラテン系にあたりそうだったのですが、出てきたのは謎の片言の日本語を話すおじさんでした。
運転中も「そこを右折」「次を左折」「Change the lane to left」と日英織り交ぜた指示がなされました。
主に住宅街を走ったので、交通量は少なくスムーズにドライブできた(つもり)でした。
懸念していた縦列駐車は無く、路肩に車を止めてそこからバックするという簡単なテストがありました。

6. 終了後
DMVに戻ってくると若干のフィードバックがあり、自分の場合は停止位置とスピードと左折時の歩行者の確認についてコメントされました。停止位置については、停止線は超えていないつもり(車長を考慮して止めているので、運転席からは超えているように見えても超えていない)でも減点されたので、やや大げさに手前に止めた方が良いかもしれません。
教官から一枚紙を受け取り、最初のWindow 1に戻り、新たなTemporary Driver Licenseを受け取り終了です。正式な免許は後日郵送です。

結果としては、僕の場合は懸念されていた窓口でのSSNを巡るトラブル*も無く、順調に免許取得プロセスを完了できました。

余談としては、本日実技試験後、今週からはじまるMBA留学生向けのオリエンテーションのreceptionに参加する予定だったのですが、receptionの招待メールの宛先から漏れていたようで、会の詳細が分からないまま場所だけ同級生に確認して、会場に向かったところ"business casual"で来なければ行けないとのことが判明(僕は何も知らないまま、いつもの半袖・短パン・サンダルで会場に)。そもそも招待状を受け取っていなかったことも判明したため、reception参加を取りやめて抗議のメールを事務局に送りました。先ほど返事があり、やはり宛先から漏れていたとのこと。。。(溜息)

ほんとにこの国だか州だかなんだか知りませんが、事務レベルの低さには閉口します。。。

抗議の意味を込めて、明日の午前中はオリエンテーションに参加せず、日本対メキシコを応援します!!

* 特にF-1ではなくJ-1ビザで渡米した学生に多いトラブルで、SSNが無いと試験を受けさせないと言われてしまうもの。本当はJ-1ビザは"就労可能"なだけで、就労しているとは限らないためSSNを持たないケースがむしろ一般的。にもかかわらず、DMVでは「SSNをとってから来い」などと言われるケースが後を絶ちません。同級生の中にはマネージャーと交渉して無事試験を受けられたケースと、マネージャーに交渉したけどそれでも認められなかったケースと、僕のように何も言われなかったケースとありました。窓口対応については運としか言いようが。。。

Temporary DL

category: 渡航後

Posted on 2012/08/07 Tue. 14:37  edit  |  tb: 0   cm: 0