08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Zipcar - LAでのカーシェアリング 

卒業まであと2週間。

だいぶ現実味を増してきた。


ということで、久々にブログに向かった次第である。


この夏にLAにいらっしゃる方の参考になることを願って、カーシェアリングについて書いてみようと思う。


日本でもここ数年で急速に普及が進んでいるカーシェアリングだが、こちらではZipcarというサービスが有名だ。


ちなみにこのzipcarはMIT卒業生が起業したサービスで、授業でもケースとして取り上げられた。

我が家の目の前にも二台zipcarが駐車しいおり、UCLAの近辺だけでもざっと20台くらいはあるのではないだろうか。


実際に車に乗って返すまでの流れを紹介しよう。


1.会員登録
まずは会員になる必要がある。
webからフォームに住所氏名や免許証の情報、期限などを入力する。すぐに審査結果が通知され、数日でカードが届く。



入会手数料が$25、月会費が$7弱、保険料は含まれているが、deductiveを0にするには月$10程度の追加手数料がひつよう。標準の保険では、事故を起こしたりした場合、免責金額が程度にもよるが$750となる。


2.予約
webかアプリから予約が可能。
地域によっては30分から予約が可能だそうだが、LAは最低1時間から。

車種によるが大体一時間$9前後。
マイレージが一日180マイルまでふくまれているので、180マイルまでであればガソリン代はかからない。ガソリンが一定以下になったら、補充するが専用のカードが常備されており、利用者が料金を負担する必要は無い。

混雑状況だが、平日だと結構空いている。週末はさすがに混んでいるので早めの予約が必要。どこの乗り場にある車でも使えるので、少々歩けば空いている車に出会えることが多い。

なお、一日24時間利用料金の設定もあり、$75程度なので8時間を超える利用ならば一日利用にしてしまった方がお得。


3.利用開始

会員カードがキーの代わりになっており、非接触型のリーダーにかざすことで開錠・施錠が可能。


(今回はプリウスを利用)



利用中に車を離れる場合も、カードで施錠して、車のキーは常に車内においたまま。


4.利用終了時

元の駐車スペースに車を停めて、カードで施錠すれば終了。今のところ乗り捨てオプションは無い。


次の予約までまだ時間があれば、簡単に延長予約も可能。携帯電話のテキストサービスを設定しておけば、例えば”ext 30m”と打つだけで延長が可能。これはなかなか便利だった。




今回利用しての感想
・一時間からの利用なので、当初想定していた、”メインカー利用時に学校の送り迎えをzipcarで30分だけ利用”という使い方ができなかった

・乗り捨てオプションがあればなぁと。目的地に停めている時間も当たり前だがお金がかかってしまうため。

・週末はさすがに混んでいるので、急に思い立って利用というのは限界がある。

・利用方法は極めて簡単。ガス代の負担が無いので、距離を走るときにはお得感がある。

・免責金額ゼロの保険が月$10程度というのはレンタカーの保険などと比べると安く感じる。

・LAではuberやlyftといったタクシー代替サービスが普及しているので、利用者としてはどう使い分けをするか。近所に飲みに行くとかだと、圧倒的にzipcarは不利になってしまう。


凡そ日本のカーシェアリングも同等のサービスを提供しているようだが、日本に帰ったら車を買う予定が無いので、自家用車の代替としての利用が可能なのか試してみたい。


まあ結論としては、LAに住む場合はやはり一台はmy carが必要ですね。

(なお、言うまでも無いがサービス内容は2014年5月現在且つ私の記憶に基づくものなので、実際のサービス利用時はzipcar公式ページをご参照下さい)

category: LA Life

Posted on 2014/06/01 Sun. 13:24  edit  |  tb: 0   cm: 0  

地震じゃぁ~ 

今朝LAにしては大きめの地震がありました。


マグニチュードは4.4(4.7と言っている人もいたような…)


朝6:25ごろで、ちょうどtake home finalを二個片付けて4時ごろに床に就いてウトウトと寝ていたところ、いきなりガガガと音がして、妻の”地震だ!”という声で起きました。
(因みにこう書くと徹夜で頑張っていたように見えるかもしれませんが、二日酔いで昼寝し過ぎで、夜眠れなかっただけである旨、白状しておきます)


LAだと通常の地震ではせいぜい震度2ぐらいしか揺れないのですが、やや長く揺れが続いたので子供部屋に一応子供達の様子を見に行きました。


普段は朝の弱い長男はびっくりして起きたようでしたが、3.11のときですら昼寝から目覚めなかった次男は、やはりすぴ~すぴ~と寝息を立てたままでした(笑)


LAでの地震頻度ですが、身体に感じるものは年に数回という感じでしょうか。


2012年夏に渡米してから、立て続けに三度ほど弱い地震があり、LAも結構揺れるんだなと思いましたが、それっきりしばらくありませんでした。


10日程前に一度弱い地震があったので、もしかしたらここからしばらく続くかもしれません。


LAでは、ちょっとした高級アパートメントでも木造で適当に作られていたりするので、震度3くらいでも恐怖感は日本での震度5くらいに匹敵します。


数十年周期で大きな地震があり、そろそろといえばそろそろなので、今日程度の地震でエネルギーを逃がしておいて欲しいものです…



因みにこのワイン達のおかげで二日酔いに…

category: LA Life

Posted on 2014/03/18 Tue. 04:15  edit  |  tb: 0   cm: 0  

足痛い… 

LAマラソン完走しました(涙)


筋肉痛は落ち着いてきましたが、足首がかなり痛く、無理して歩いていたらどんどん悪化…


続きは落ち着いて気が向いたらまた書きます。

category: LA Life

Posted on 2014/03/12 Wed. 13:12  edit  |  tb: 0   cm: 0  

さらに今更ながら一年生春学期振り返り 

試しにGoogleで”UCLA 留学 ブログ”と検索してみたら、なんと3番目に本ブログが出てきた!
(どうもあんまりアクティブに更新してる人がAndersonには居ないっぽいですね。その辺もAndersonらしいと言えばらしいところ笑)


餃子の皮とか語っている場合では無い⁈


ということで、アプリカントの方や一年生にも役立つことを願い、一応全ての学期を網羅しよう。

履修したのは以下:
-EVI (Entreprenuership and Venture Initiation)
-CBD (Coporate Business Development)
-OB (Organizational Behavior)
-Business Strategy


EVIは、アントレに力を入れるAndersonの看板授業の一つと言っても良いと思う。


EVI-BPD-BCOという一連のアントレコースの最初をかざる授業。

略称ばかりで恐縮だが、BPDはBusiness Plan Development、BCOは?なんの略だっけ?えーっと、Business Creation Optionですね。

EVIでビジネスモデルを考えてfeasibility studyやって、BPDでそれをビジネスプランに昇華させ、BCOで実際に資金集めとか始めて事業開始させるというような流れだと思います。


思います…としか言えないのは、自分はEVIまでしかとってないため。これらの授業を履修する学生には起業に関してテンションのばらつきがあって、どうも人のビジネスプランに自分を没入できなかったので、EVIに留めてしまいました。Financial Pro Forma作りとか学びたかったけど、それはバリュエーションの授業で学びこととしました。


長くなりましたが、EVIは学びが大きい授業でした。
スタートアップ段階で直面する問題など興味深かった。

Andersonに来たからにはぜひ履修してみて欲しい授業です。社費生でもプチアントレブームが起きます(笑)


CBDは企業内起業、という感じでしょうか。企業がinorganicな成長を目指す生の戦略について学ぶ授業。

Merger, Acquisition, Divesture, Alliance, Joint Ventureなどが含まれます。

印象的だったのは、米企業が如何にCBDに力を入れて成長を実現してきたかということ。

ある程度分かってはいたけど、M&Aというのは本当に成長戦略の柱なんだなと…


日本で数百人規模のスタッフを持つ自己M&Aチームを持つ会社なんてあるんでしょうか?

米企業はそれだけ力を入れている。その成長スピードに対抗するのは本当に大変なことです。


とやや仕事モードに頭が戻る一方で、MBA生の間でも賛否両論だったのがOB。

心理学的な側面から組織を分析します。
うーん、それくらいしか思い出せない。


ストラテジーは、王道のフレームワーク(Porter's Five Forcesなど)を通じたケース分析が中心。

Samsungが如何に凄いかのケースがあった一方、日本企業は殆ど終わった存在として扱われていたのが屈辱的でありました…

反面、いつもは授業中は物静かな韓国人留学生が輝く場面でありました。


そんなこんなで怒涛のMBA1年生は終わり、長い長い夏休みへと突入したのでありました。


P.S.
明日LAマラソンなのに不覚にも風邪をひいてしまった…
子供が二人も居ると色んなウィルスを持ち込んでくるのか、子供から始まり妻に移り、マラソン直前の最悪のタイミングで自分が発症… なんとか治さねば‼︎

category: MBA

Posted on 2014/03/08 Sat. 10:15  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Ready to Run ?! 

昨年に引き続きLA Marathonを走ります!


前回初マラソンを終えた直後は、もう二度と走らんかもなぁ~と思っていました。


が、喉元過ぎれば熱さ忘れる、という感じで、やっぱりもう一度走ろうと決心したのが昨年の6月頃でしょうか。


実は元々の動機は、Andersonのサッカークラブに入っていて、周りの若い連中(こんな表現を使うなんて悲しいですが、MBAの平均年齢は26~7歳。ほぼ10歳年下と切磋琢磨してる訳です)に負けない、というより迷惑を掛けないために、走れる動ける身体を作ろうというものでした。


もう一つは、留学後はほぼ間違い無く激務が待っているのでそれに耐えうる体力作りでした。


けれど、ランニングを始めてみるとすっかり虜になってしまい、膝を痛めるのが嫌で、サッカーにはあまり参加しなくなってしまいました笑


大体月一位のペースで夏からハーフマラソンに出てましてが、フルマラソンは今回が二回目。


先月行った30kmトレーニングでハーフを越えて突然足が止まり、おそらく塩分不足により家で倒れるという経験をしました。


本番で同じことが起きないよう、先週末に買い込みました。




これで準備万端‼︎と思っていたら、なんと今週風邪ひきました…


だいぶ良くなりましたが、本番直前に風邪引くなんて情けない。思えばGMAT前日に熱を出したこともありました。


本番より前にピークが来てしまうんですかね…


今日はゼッケンを取りにダウンタウンのconvention centerまで行ってきました。


着いてみるとなんと長い長い行列が!



入場制限をしていたようです。が、中に入ってみると去年よりもガラガラ…
相変わらずよくわからんです。


その後、ソーテルのTsujitaに向かいきっちりカーボチャージして参りました!





今年はLAマラソン部として、Andersonの学生とその奥様、そしてLaw Schoolの学生を含めた総勢7名でトレーニングに励んできました。内一人は腰を痛めてリタイアしてしまいましたが、6名がLAマラソンを走ります‼︎


LA在住の方、応援よろしくお願いします‼︎

category: LA Life

Posted on 2014/03/07 Fri. 14:57  edit  |  tb: 0   cm: 0